東京に胡蝶蘭を移転祝いに贈る

移転のお祝いに贈る花

会社移転のお祝いに胡蝶蘭

移転祝いに贈り物をするという場合、例えば新社屋に招かれた場合には当日にご挨拶に訪れるのがマナーとなります。
祝い花はその前に届くようにします。

 

また、当日に訪問することができないという場合には、連絡を受けてから2週間以内に贈り物を送るというのがビジネスのマナーとなります。

 

贈り物の定番としては、引っ越し直後の受付周辺に飾ることのできる胡蝶蘭を贈るのが定番といえるでしょう。
蘭は香りがほとんどしませんし、花粉が飛ばないので屋内用におすすめとなります。
また水やりは月に2〜3回程度で手間もかからず、日光も必要としませんので喜ばれます。

 

さらに花にお祝いのプレートを添えることも可能です。
高級感のある胡蝶蘭は相手に喜んでもらえるので、余裕があれば2万円以上の蘭を選ぶことをおすすめします。

 

東京胡蝶蘭